isTie

isTie

顔周りの印象を左右するシャツやネクタイの選び方

顔周りの印象を左右するシャツやネクタイの選び方というのは、会社訪問や面接のときのイメージづくりにも重要な要素になってくるものです。
「就活アドバイザー」という社内資格を持っていて、学生を接客することも多いというような接客のプロは、「アピールするのは個性よりも協調性」だと断言します。
最初の1枚は、男女ともに白色で無地のシャツが無難です。
アイロンがけに慣れていない学生には、シワになりにくい化学繊維混合の製品がよいでしょう。
男性のネクタイでは、紺、えんじ色の2色が定番人気色となっています。
大きめの柄が、若々しさを演出してくれます。
ストライプ柄は引き締め効果を与えてくれますし、チェック柄だと柔らかな印象になります。
また、女性ものでは爽やかなスキッパー、真面目な印象に仕上がるレギュラーの襟型シャツがよく売れているようです。
さらに夏でも上着は必須で、袖口からシャツの白色が見えると清潔感を出すことができます。
加えて、暑さの厳しい地域でも、ノージャケット、半袖シャツはNGです。
また、ネクタイの結び方は何種類もありますが、基本中の基本といえる結び方が、通称「プレーンノット」です。
太い側を細い側に重ね、巻きつけて表に回します。
太い側の先を首に巻き付けた部分に下から差し入れ、表に回した部分に差し入れて下から引き出し、形を整えて完成です。

知っておきたいネクタイなどの結び方

ネクタイの大きめのノットを作る結び方、ノット(結び目)が大きく、ボリュームのある三角形になる結び方は、「ウインザーノット」と呼ばれています。
太い側(大剣)を細い側(小剣)に巻きつけて、首元から引き出し、小剣の裏に回します。
大剣を逆側から首元を通します。
大剣を結び目の表に巻きつけて、もう一度、首元から引き出します。
引き出した大剣の先を、表に回した部分に差し入れて、下から引き出したら形を整えて完成です。
また、最初から結び目がついている簡易な蝶ネクタイもありますが、本式のものは、あらかじめ長さの調整をしてから結ぶようにします。
首の前で重ね、左右の長さを揃えてから首元を通し、端を折り返して輪を作ります。
先端を下ろして、下ろした先端を折り返して輪を作ります。
作った輪を差し込んで、両側を引っ張って結び目を締めたら、形を整えて完成です。
タキシードなどを着るときに、アスコットタイを合わせることがありますが、基本はネクタイと同じですから、それほど難しくはありません。
アスコットタイの下に向けた端に、もう片方を巻きつけます。
巻きつけた端を、首にできた輪の中に内側から通して、通した端を、できた輪の中に差し込みます。
輪の下から端を引き出し、下に向けた端を首の内側に差し入れます。
結び目を覆い隠すように前面に引き出し、形を整えたら完成です。

check

口コミや評判を参考に比較してランキング形式で5つの商品をご紹介しています。

美爽煌茶

インプラントに特化した歯科医院です。

インプラント 神戸市中央区

Webシステム開発の見積り・構築依頼ならお任せください。

システム開発 大阪

最終更新日:2018/4/3

『ネクタイ』 最新ツイート

@nb001001

新入社員の彼氏にプレゼントをあげようと考えています。ネクタイ・ネクタイピン・… https://t.co/r6HLfSBbsE

3分前 - 2018年07月19日


@tw8011

新入社員の彼氏にプレゼントをあげようと考えています。ネクタイ・ネクタイピン・… https://t.co/z6qsqi6nGo

3分前 - 2018年07月19日


@f80aeqm5

新入社員の彼氏にプレゼントをあげようと考えています。ネクタイ・ネクタイピン・… https://t.co/La4cKJ2Lh7

3分前 - 2018年07月19日


copyright(c) 2015 「isTie」 all rights reserved.